avance

キャッシングのサービス

キャッシングを提供する業種によってサービス内容が異なりますが、ここでは消費者金融と信販系、銀行子会社消費者金融について簡単に解説してみます。

金利では、この3者を比較すると、消費者金融の新規契約時での設定金利は、20%代後半と非常に高いです。
これに対し銀行子会社系の消費者金融は15.0%〜18.0%と利息制限法内の貸付をしている。
信販会社の場合ですと商品プランに幅が広く銀行に近い金利から消費者金融並みの金利まで多種多様です。
ただし、消費者金融の金利プランは非常に合理的で、取引実績が浅く信用の低い顧客には高い金利を、実績や信用が低い顧客は、最高金利のままの取引となります。

利用額に応じて金利が決まっている銀行子会社系、信販系は優良顧客とそうでない顧客を同じ金利でサービスを提供しているため、慎重審査となり幅広い利用者をつかめないでいる。

[PR] カードローンのことならカードローン比較サイト「カードローンG

任意整理のエストリーガルオフィス
免責事項 Link お問い合わせ